すしざんまいが大間のマグロを初競りで1億5440万円で落札。ライバルは来年から初競りに不参加 ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年01月07日

すしざんまいが大間のマグロを初競りで1億5440万円で落札。ライバルは来年から初競りに不参加

本店を東京都中央区築地の置く「すしざんまい」の運営会社が築地市場で5日の行われた水産物の初競りで、222kgの本マグロを史上最高値となる1億5540万円(1キロあたり70万円)で競り落としました。

この東京築地市場の初競りでは昨年もこの寿司チェーン店「すしざんまい」が競り落とし、今年は2年連続で競り落としたわけですが、昨年の1キロあたり21万円、総額5649万円に比べると約1億円もアップしているということで、これはちょっとやりすぎって感もなくもないですが。

もちろん初競りで競り落すことによる宣伝効果は抜群で、この店「すしざんまい」も競り落としたマグロをお店で出すことでたくさんの人がやってくるでしょうが、それでもこの価格異常な値段ですね。

ちなみに築地市場で競り落とされたマグロですが、競りの価格の80%が釣った漁師さんの懐に入るそうです。すなわちこれを釣った青森県大間の漁師さんの元には1億2000万円程度が入るそうで、釣った漁師さん、宝くじに当たったようなもんですね。

今回も競りに参加して、すしざんまいと、実質2社での戦いとなったライバルの香港の「板前寿司」。あまりの高値に来年からはこの初競には参加しないことを表明しており、来年からはこんな高値はつかないと予想されます。自分的には100円回転寿司で十分なので、こういうマグロが口に入ることはないでしょうが、しかし、このマグロの値段には本当にびっくりしますね。


posted by MT at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。