kobo glo(コボグロ)とkobo mini(コボミニ)の日本発売が発表。楽天koboに新製品。kobo kobo arc(アーク)が気になる ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2012年11月01日

kobo glo(コボグロ)とkobo mini(コボミニ)の日本発売が発表。楽天koboに新製品。kobo kobo arc(アーク)が気になる

楽天が今度は新製品のブックリーダーkobo gloとkobo miniの日本での発売を発表しました。矢継ぎ早に楽天も新製品を出してきたか。

楽天kobo glo(コボグロ)とkobo mini(コボミニ)の2機種、楽天がすでに販売している電子ブックリーダーkobo touch(コボタッチ)の後継機種ですが、kobo touchも1000円値下げして6980円で販売し続けていくようです。

kobo touchと同じ6インチのディスプレーを積んだkobo gloですが、kobo touchと変わったところはディスプレーの解像度が上がってより精細な、きれいな文字が表示できるようになったところと、プロセッサーの処理能力がよりいいものを使っていることでページめくりのスピードが上がったこと、そして今まで別売りだったライトを内蔵したの、暗いところでも読書ができるようになったことの3点くらいでしょうか。

確かに自分も持っているkobo touch、pdfファイルを読むときに文字がつぶれているときもあるし、ページをめくるときにタイムラグがある、そして電子インクなので暗いところで読めない、と3つの問題点を改善している感じですね。

ただ、個人的はkobo touch、無料の青空文庫を読むか、SDカードに入れたpdfファイルを読むだけなので、新しくなってもそれほど購買意欲はわかないですね。今ので十分。ただ、新しくkoboを購入する人は新製品のkobo gloの方がいいわね。

そしてkobo mini。こちらはkobo mini。こちらは単純にディスプレータイプが5インチと小さくしてあるので持ち運びしやすいというのが売りのようです。ただ、kobo touchやkobo gloのようにマイクロSDカードによるメモリーの追加ができないのでこの点がちょっと痛い。

kobo gloは今日から予約で11月15日から順次発送予定、kobo miniは12月中旬発売予定のようです。kobo gloの方は今予約すると先着1000名にマイクロSDカード32GBのものがただでついてくるらしいから、これはお得かもね。

しかし、もう一つのカラーで、amazonのkindle fire HDとほぼ同じスペックのアンドロイド端末も、楽天のホームページでは近日リリース予定になっている楽天kobo arc(アーク)の方がすごく興味あるんだけれど、こちらの発売は年内に間に合うかな....。

参考記事Nexus10(ネクサス10)の日本発売を発表。次から次へと出てくるなの記事
     iPadに勝るものない背面カメラ。中華パッドの背面カメラは役に立たない.... の記事     
     楽天kobo touch(コボタッチ)をただで送りつけてきた。年会費10500円の楽天プレミアムカードだから... の記事
     iPad miniが発表されました。価格は28800円から。微妙な価格.... の記事
Nexus7(ASUSエイスース)の実機を店頭で触ってみました。バッテリー交換は8400円 の記事
     Nexus7(ネクサス7)がグーグルから発売。バッテリー交換も比較的簡単らしい の記事

posted by MT at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299931975

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。