ASUSの読み方をエイスースに統一。自分のブランドの読み方くらい最初から決めておいてよ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2012年10月01日

ASUSの読み方をエイスースに統一。自分のブランドの読み方くらい最初から決めておいてよ

ASUSといえば、ACERと並ぶ台湾の世界的コンピュータ企業。

このASUSブランドの台湾ASUSTeK Computerは10月1日から「ASUS」の読み方を10月1日から「エイスース」に統一、同社の日本法人の正式名称も「アスース・ジャパン」から「ASUS JAPAN株式会社」に社名変更となりました

というか、今までアスースという読み方だったのを変更するってよくわからない。今まで読み方としては「アサス」「エイサス」「アスース」などさまざまな読み方があったそうですが、実は自分は最初、エイサスという読み方してました。その後、アスースという読み方と知りアスースという名称でこの会社を読むようになりました。さすがにアサスとは読みませんでしたが...。

そのアスースを今さら何を思って、エイスースに統一? ASUSによれば、読み方変更について世界での発音の統一と、A+の企業を目指す、ということみたいです。もともと英語圏ではエイスースだったらしいですが、それだったら最初から日本でもほかの国でもエイスースにしといたらいいわけで...。

ASUSのブランド名の由来をASUSのホームページから引用すると『芸術や学問でのインスピレーションの象徴となっているギリシャ神話の空飛ぶ白馬“ペガサス・Pegasus”、この最後の四文字がASUSの由来です。「市場に問うすべての製品に高レベルの品質と独創性を吹き込むことにより、機知に富むペガサスが象徴する強さ、創造性、純粋さを具体的に実現する」という意味を込めてのことです。』とのこと。

そこまで考えてつけられたブランド名なら、日本のSONYがソニーと読むみたいに最初から読み方くらいは統一して付けておくのが普通だと思うんですが、どうなんでしょうね。

奇しくもASUSがグーグルのために製造したのネクサス7(NEXUS7)が明日から日本の量販店でも発売されますが、それもあってブランド名の統一化を図ったんでしょう。

しかし、エイスースって名前、なじむのにしばらくかかりそう...。

参考記事Nexus7(ネクサス7)がグーグルから発売。バッテリー交換も比較的簡単らしい の記事

posted by MT at 18:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 企業
この記事へのコメント
ネクサス買いました。AC充電器にアスースジャパンとシールが貼ってあります!
Posted by アルカリヤ at 2012年11月10日 08:56
>アルカリヤさん

ご返事遅れました。まだ、アスースって使ってるんですね。シールまでお店で見ませんでした。いい買い物しましたね。
Posted by MT at 2012年11月20日 14:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294997057

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。