UCC缶コーヒー、ミルク&コーヒー、やはり一番おいしいのでは ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2010年05月24日

UCC缶コーヒー、ミルク&コーヒー、やはり一番おいしいのでは

ucc缶コーヒー ミルク&コーヒー.JPG


uccの缶コーヒー、ミルク&コーヒーって知ってますか?正直なところ、この缶コーヒー、uccミルク&コーヒーのあのパッケージ、物心ついたときから変わってませんね。

最近、缶コーヒーをいろいろと自動販売機で買って飲んでいるのですが、いろいろ飲んでみてもなんだか妙な甘さだったり、甘すぎたりと道もしっくりする缶コーヒーが見あたりません。

それでもたまたま久しぶりに飲んでみたこのuccのミルク&コーヒー、なんだかおいしい。それ以来、このuccのミルク&コーヒー、ちょこちょこ購入しているのですが、コーヒーのコクと甘さが絶妙です。おそらくコーヒー通と呼ばれる人にとってはあの甘さは邪道と言われるかもしれませんが、自分にとっては最高の味。

もちろんブラックコーヒーはブラックコーヒーでおいしいですが、砂糖入り缶コーヒーなら一番おいしいと思います。

190gの缶を飲んでいます。サイズによって味も変えてあるそうですが。

ところでこのuccコーヒー、ミルク&コーヒー、よく缶を見ると乳飲料。コーヒーでもコーヒー飲料でもないんですね。wikipediaから一部引用すると「乳飲料の定義は、生乳や乳製品を主原料として、カルシウムやビタミンなどを加え特定の栄養素を強化したり、果汁やコーヒーなどを加えたりして、消費者の嗜好に合わせて加工されたもの」ということ。

主原料が乳製品と言うことで、uccコーヒー、ミルク&コーヒーのまったりとしたコクの深さは牛乳から来ているということみたいです。甘いの大好きな人には一度味わってもらいたい缶コーヒーです。
posted by MT at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。