高速料金、6月より上限制度の新制度へ。今度はETCは関係なし ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2010年04月10日

高速料金、6月より上限制度の新制度へ。今度はETCは関係なし

前原国土交通相が6月から始まる高速道路の新料金制度を発表しました。

その新制度ですが、平日・休日かかわらずに軽自動車およびエコカーが料金上限1000円、普通車が2000円、大型車が5000円、特大車が1万円という料金上限制度。

阪神高速・首都高速などの定額制の区間や、本州四国連絡道路など一部例外はありますが、基本的には料金上限制度で、今まで非常に複雑だった料金制度が一新、ほとんどの現行割引制度を廃止し非常にシンプルな制度となりました。

ちなみにエコカーというのは、燃費がリッターあたり20キロ以上走る車を言うそうです。

ところで、今回の高速道路に対する料金上限制度、今まで通勤割引や夜間割引を使っていた人も多く全体からすれば実質値上げということで、ある意味、民主党政権の公約と逆行するのですが、個人的に言えば歓迎。

我が家の車はどれもこれもETCなどつけていないのですが、今回のこの料金上限制度ではETC装着車、ETC非装着車にかかわらず、適用されると言うことで、これはいいですね。

といっても、個人的に高速道路を使うことは滅多にないのですが、自分の車は軽自動車で上限1000円というのは非常にありがたい。ちょっとは高速道路に乗って遠出のドライブをしてもいいかな、と思える今度の高速道路の新料金制度です。

参考記事お盆の高速道路渋滞、高速料金割引で激しい混雑らしい の記事

posted by MT at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。