タクシン元首相一族の資産没収1240億円。いやあ ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2010年02月27日

タクシン元首相一族の資産没収1240億円。いやあ

タイのタクシン元首相といえば、一時はタイ国内でもかなりの人気を誇った人物。今ではタイでは犯罪者の扱いで海外逃亡をしながら、再度の政権復帰を狙っています。

そんなかつてのタイ首相、タクシン氏一族のタイ国内に凍結されている資産760億バーツ(約2050億円)のうち約460億バーツ(約1240億円)を没収するという判決をタイ最高裁が言い渡したそうです。

1240億円取られてもまだ810億円残っているのはすごいし、当然、海外でも巨額の資産を運用しているとは思いますが、1240億円も没収されるというのは何とも言えないですね。

タクシン氏といえば、その当時はいろんな政策で国民の支持率も高かったのですが、自身の経営していたグループ企業の株式売買等を巡っていろいろと問題も多かった首相。まあ、こうした発展途上の国ではいろいろとあるので仕方ないと言えば仕方ないのではないかと思うのですが、貧困層はなかなかこういうことは許せないでしょうね。

いまや逃亡の身であるタクシン氏、これくらいの資産没収ではへでもないと思いますが、資産没収なんてことひとむかしもふたむかしも前の日本のようですね。

発展途上国で一財産築こうと思ったら、政権に近づくことが一番てっとり早いことかもしれないですが、まあ、起業家が政治家に、しかも一国の行政のトップにつくのはやはり問題が多いことですね。
posted by MT at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。