城島健司捕手、マリナーズを退団。日本球界復帰、阪神でしょ、でも大リーグの年金がもったいない... ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2009年10月20日

城島健司捕手、マリナーズを退団。日本球界復帰、阪神でしょ、でも大リーグの年金がもったいない...

城島健司捕手といえば、アメリカ大リーグのシアトル・マリナーズで活躍していた日本人メジャーリーガー。日本人初のキャッチャーのメジャーリーガーとして日本のソフトバンクからFA権を行使して、イチロー選手の活躍しているマリナーズに移籍しました。

それから4年のメジャーリーガーとしての活躍後、まだ2年間、マリナーズとは契約を残して日本球界に来シーズンから復帰するということで、マリナーズの退団を発表しました。

元の所属球団ソフトバンクホークスとの話も噂されていますが、ベテラン矢野選手の衰えが見える阪神タイガースもここは獲得に行くでしょうし、今後の城島選手の動向が楽しみですね。

ところでいろいろ見てみるとアメリカのメジャーリーグでは5年以上、メジャー登録があるとあちらの年金の受給資格が得られるとのことです。

城島健司捕手、昨年には新たに3年契約で20億円以上の高額契約を結んでいたということで、計6年はとりあえずメジャーに籍を置くことも可能だったわけで変な気を起さず6年間終わってからでも日本復帰は遅くないとも思うのですが。

10年で満額受け取ることができるメジャーの年金。10年間在籍せずとも年食ってからの定期的な収入は有りがたい。せこい話ですが、とりあえずメジャーリーグ年金の受給資格くらい取っておいた方が...と思ってしまいます。

まあ、城島健司捕手くらいの選手となればそんなせこい年金よりも、日本に復帰し移籍する球団の監督候補として、契約事項に一筆入れるくらいのことで計算していると思うので、そんなみっちいこと考えていないと思いますけどね。

城島健司捕手、マリナーズ退団について年俸などのお金よりも、出場機会や日本で家族と暮らしたいなどを理由にあげていますが、出場機会ならやはり阪神タイガースに分があり。城島健司捕手、やはり阪神タイガースに入団するんでしょうか。
posted by MT at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130748993

この記事へのトラックバック

阪神に城島がきたら矢野さんどうなるの?
Excerpt: 最近マリナーズの退団が決定して日本プロ野球に復帰することが決定した城島選手だが、
Weblog: ちっちかも
Tracked: 2011-10-29 01:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。