フェーズ6に引き上げ。新型インフルエンザに対してだからどうしろと... ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2009年06月12日

フェーズ6に引き上げ。新型インフルエンザに対してだからどうしろと...

新型インフルエンザの警戒レベルがとうとうレベル6、パンデミックレベルに引き上げられるとWHO(世界保健機構)のマーガレット・チャン事務局長が発表しました。

現在、全世界でこの新型インフルエンザに感染した人が3万人に達する勢いで広がっているわけですが、とうとう現行のレベル5から世界的流行を意味する警戒水準レベル6にひきあげられたということでますます世間の人は新型インフルエンザに対して不安を募らせているでしょう。

といっても我々はどうすればいいのか分からないわけで、せいぜいうがいと手洗いを励行するくらいで何もできないのですが、一体全体どうしたらいいのと思うのです。世界保健機構が警戒レベルフェーズ6に引き上げたといっても我々一般庶民は何もできません。

そんな中、今から冬を迎える南半球のオーストラリアではこの新型インフルエンザの感染者が急激に拡大しているようです。オーストラリアは今から冬を迎えるということで、日本でも寒い季節を迎える数ヶ月あとには再度の感染拡大が懸念されます。

そういう意味ではオーストラリアの状況を見守るのは、今年の冬、日本でどう新型インフルエンザが広がるのか、ちょっとしたモデル地域なのですが、ただぜひともこんな時期に新型インフルエンザ患者が拡大の一途をたどっているオーストラリアにわざわざこんな時季に遊びに行くのは控えて欲しいですね。

国内にとどまっている一般の人にとってはある意味、そんな感染地域から次々と新型インフルエンザウイルスを持ち込んでくる人ってのは迷惑というか、苦々しく思われても仕方ないと...。

5月に日本で発生した新型インフルエンザの感染者のニュースを聞いていると、ほとんどが米国やカナダなどの新型インフルエンザ流行地からの帰国者ばかりだったのですが、おそらくこれからはオーストラリアやニュージーランドなどの南半球への日本人観光客からの感染者がかなり日本に新型インフルエンザウイルスを持ち込むと思うんだけど、海外旅行好きに私でも、さすがにわざわざそんなところへいって感染源にはなりたくない。

オーストラリアが大好きな人にとっては新型インフルエンザが流行っていてもそんなことはたぶん、お構いなしなんでしょうけど、ちょっと考えて欲しい気がしますね。
posted by MT at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

新型インフルついにフェーズ6をWHOが宣言。 でどうしたの?
Excerpt: あーこんなこと言われても って感じがしちゃいます。 新型インフル:警戒度6「世界的大流行」宣言…WHO 世界保健機関(WHO)の マーガレット・チャン事..
Weblog: 自分なりの判断のご紹介
Tracked: 2009-06-12 18:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。