ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年11月28日

入れ墨市議、入浴を断られペンで顔をつく。入れ墨した人は入れなくてよし

奈良県橿原市のホテルで体に入れ墨をしていることを理由に大浴場の利用を断られたことに腹を立て、ホテルの副支配人の顔をペンで付き軽傷を負わせたとして奈良県御所市会議員が逮捕されました。

逮捕されたのは61歳の市会議員で、顔をペンで刺した後、逃走、その後弁護士を伴って警察署に出頭し逮捕されたようです。まあ、入れ墨をしているということは、攻守浴場やプールなどの公衆の面前で、そんな入れ墨を見せられたら、ほかのお客さんが不快に思うこと間違いなしで、61歳になるまで、そういう場所で入浴などを断られたことが今までなかったんでしょうかね。こういう入れ墨男の入浴お断り、当然のことと思いますね。

しかしながら関西の方へ行くと体に墨を入れるおバカな市議会議員がいるんですね。国会議員でも元首相の小泉純一郎氏の祖父で逓信大臣も務めた政治家・小泉又次郎氏も以前、とび職やっていたことで入れ墨をしていたのは有名ですね。彼は昔かたぎのいい政治家ではあったようですが。

一般的に入れ墨を体に入れるということは、日本では社会的なハンディになるということ。それをわかって、入れているはずなのに、肌を見せるような場所で入場を断られて怒り出すのはお門違いですわ。

今どきはやりで、タトゥーと名を変えた入れ墨をファッションで入れてしまう若者が多いですが、そういったものを安易に体に刻めば、そう簡単には消せない、消すにも入れたときの何十倍もの費用が掛かり、しかも、その痛みは何倍も痛いということをよく頭に刻んでほしいですね。

タトゥーを入れた人間は、まともな会社ではばれたら解雇、まとも会社なら雇ってさえくれないですよ。このおバカな市会議員ももともとどんなことをやっていた人か知らないですが、こんな人間に票を入れた有権者は、バカな人間に投票してしまったと思うでしょうね。

posted by MT at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2013年11月14日

ハイエースは盗難の心配があるので買うのやめましょうよ

ハイエースがとにかく、ここ数年、盗難被害にあって盗まれています。

日本損害保険協会が2012年11月に保険金を支払った事案を対象に自動車盗難事故実態調査を実施しました。この第14回自動車盗難事故実態調査結果発表によると、この調査で一番、盗難にあっている車はトヨタのハイエース。続いて2位がトヨタのクラウン、3位がトヨタのセルシオ、4位がトヨタのプリウス、5位がトヨタのランドクルーザーと上位5車種までをトヨタの車が独占しています。

ワースト1位のトヨタ・ハイエースは被害全体の13.1パーセントと以上に高くなっています。それだけにこの車に乗るということはそれだけ盗難のリスクが高いということ。そういえば、今年の夏にもタレントでプロレスラーの北斗晶さんの旦那さんの社用車のハイエースがカギをかけていたにもかかわらず、盗まれて、消えてしまった事件もありましたね。

こうしたハイエース、多くは分解されて、誰の車かわからないようにされた上、鉄くずとして東南アジアやアフリカに持ちだされ、現地でまた組み立てて海外で使われるケースが多いようです。

自分の友人にもバイクやったり、スノーボードやったりしている人にこのトヨタのハイエースに乗っている人がいます。確かにオフロードバイクを後ろに載せたり、スノーボードも楽々入っちゃうので、そういう人にとってはすごく便利なんでしょうね。

まあ、しかし、普通に乗る分にはあんなでかい車、ホイールベースも長そうだし、天井も高いで、それほど魅力的な車じゃないですね。燃費だって、そんなにいいわけじゃないでしょうし、そのうえ盗まれるリスクを考えると、買おうという気すらおきないです。ハイエース、よっぽど目的にかなった人じゃないと買ってはいけない車だとおもいます。少なくとも、自分は買わないですね。

しかし、そうも簡単に車を盗んで、捕まえられない警察もたるんでいるというか、もうちょっと何とかしてほしいもんです。

posted by MT at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2013年11月01日

タバコを吸っている人、今すぐ禁煙しなさい。さもないと顔がしわくちゃに。双子で実験した結果が出てます

アメリカのケース・ウェスタン・リザーブ大学が形成外科の研究誌にこんな興味深い実験の研究結果を発表しました。

この実験とは双子を被験者とし、18歳から78歳までの幅広い年齢層の79組の双子に対して行われました。双子のうち45組は全くタバコを吸わない非喫煙者と、喫煙者という組み合わせで、残る34組の双子は両社ともタバコを吸う喫煙者ですが、この双子の2人の喫煙歴には5年以上の差があるというものです。

前者のタバコを全く吸わない人と吸う人の45組の双子をプロカメラマンが写真を撮って比較したところ、57%の確率で喫煙者が老けて見え、後者の5年以上、喫煙歴に開きのある双子では長く吸っている方の人が63%の確率で老けて見えるという結果でした。

この研究チームのリーダーの医師は、喫煙すると肌に影響のあるコラーゲンがの生成を抑制し、けっこうも悪くなり、肌も薄くなって、肌の老化が早く訪れると結論づけました。

これは昔から、喫煙による健康被害とともによく言われてきたことですが、双子を使ったこの喫煙による実験で、タバコを吸う人はより早く老けるってことがわかったと思います。

特に最近、格好つけなのか若い女性がプカプカと路上でタバコをふかしているのをよく見かけますが、みっともないったらありゃしない。喫煙することで健康を害し、お金も費やし、肌もボロボロになる。早くやめなさいとしか、言いようがありません。

posted by MT at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。