ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす

スポンサードリンク

2013年10月24日

iPad air(エア)を発表。5万1800円から、高すぎる....

年末が近くなってくると次々と新機種が発表されるタブレット端末市場。そんな中、業界の雄、アップルが新しいタブレット型端末のiPadの最新機種、「iPad Air(エア)」を発表しました。

最新機種「iPad Air(エア)」ですが、既存のiPadの液晶ディスプレイサイズ9.7インチと同じ。ただ、薄さが1.9ミリ薄い、7.5ミリ、重さがなんと183グラム軽い469グラム(wifiバージョン)となっていて、従来モデルよりも容積比での76%になっています。小さくて軽いってことは何事にも代えがたいかも知れませんね。

「iPad Air(エア)」、これだけ軽くなって、軽量化、薄型化によりバッテリー容量も減っているにもかかわらずバッテリーの駆動時間はwifi使用時最大10時間、携帯電話ネットワーク利用時で最大9時間と従来機を同じ、さすがにappleですね。

ところがこのiPad Airの値段を聞いて驚きました。一番安いタイプのiPad AirのWi-Fi版16ギガバイトの価格が5万1800円。どう考えても高い。このiPad Airのディスプレーの大きさが9.7インチなので単純には比較できませんが、2013年版の「Nexus 7」(ディスプレーサイズ7インチ)が16ギガバイトバージョンで2万7800円なのと比べると2倍近い値段がするので、これでは手が出しづらいですね。

円安などの影響で新型「Nexus 7」も旧モデルよりも8000円も値上がりして2万7800円になってます。このiPad Airの5万1800円はいかにも高すぎる。このiPad Airで仕事をする方も世の中にはいると聞いていますが、大方のユーザーは遊びに使うくらいじゃないでしょうか。せいぜい、メールをチェックしたり、写真を撮ってSNSにアップしたりするくらいが関の山で、それにこんなバカ高いiPadを使うのはよほどのアップルファンですね。

今年の最新「Nexus 7」、背面カメラも付いたし、機能面でもかなりアップしているので、画面は小さくてもこちらで十分だと思うんだけどね。自分はそれよりもさらに安いタブレット端末使ってますが、まったく不満ないですよ。バカ高い「iPad Air(エア)」ですが、日本でどれくらい売れるでしょうね。ちょっと見ものですね。

posted by MT at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2013年10月22日

ハロウィンは一体いつなんでしょう。思い出したころにやってくる

ハロウィンデコレーション 写真.jpg 街に出るとなんだかハロウィンの飾りであふれているような気がします。ハロウィンというと頭の中ではあのかぼちゃの顔しか出てこないんですが、いったいハロウィンって何を祝ってるんでしょうか。

かぼちゃが出てくるので、おそらくイメージとしては秋の収穫祭なのかな? という想像はつくことはつきます。ただ、40台の世代では、ハロウィン→かぼちゃ→お祭り→????、これくらいしかイメージが出てきません。

同じく西洋から入ってきたイベントであるクリスマスならクリスマス→もみのき→トナカイ→雪→12月25日→ジングルベル→ケーキなどなど、いくらでも連想できますが、ハロウィンはいかんせん、まったく自分的には定着してません。

で、ハロウィンはいったいいつなのか、調べてみると10月31日らしい。もともとはケルト民族発祥のお祭りで、秋の収穫を祝って悪霊を追い出すといった宗教的な行事だったのが、アメリカにこのハロウィンが伝わってからは、子供たちが仮装して家々を回り、お菓子をもらう、子供の楽しみな行事に変わってしまっていますね。ハロウィンが何なのか、いまさらながら、本日知りました。人間、わからないことは調べないといけませんね。

ところで、小さな子供となるとハロウィンがいつなのか、よく知ってるんですね。やはりジェネレーションギャップですね。今どきの子供が大人になるころには、ハロウィンという西洋からイベントは毎年毎年当然のごとくやってくる恒例のイベントになっているんでしょうね。

posted by MT at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2013年10月17日

楽天kobo auraが来た。kobo touch、kobo gloに続く第3世代電子ブックリーダー

メールアドレスに楽天からのメールが届いていたので、開いてみると楽天の新しい電子ブックリーダー、楽天 kobo aura(コボ オーラ)の販売を告知するメールでした。自分は初代の楽天kobo touchを購入していますが、その後kobo gloが発売され、そして今回のkobo auraの販売告知です。

今回発売されるkobo auraと前作のkobo gloの相違点ですが、今まではバッテリーが最大4週間ほどしか持たなかったのが、kobo auraに関しては2倍の8週間ほど持つようになったこと、内臓のメモリー容量が2GBから4GBと倍増したこと、そして今までよりもより薄く、より軽量になったことくらいで、そのほかはそれほど大きな違いはありません。

初代のkobo touchからこの新タイプの楽天kobo auraに買い替える理由があまり見つからないので、自分は買い替えませんが、これから新たに買う人はこの楽天kobo auraの方が性能も上がっているのでいいかも知れないですね。

楽天kobo auraの当初の売り出し価格は12800円。楽天kobo gloが現在7980円まで値下がりしているので、どちらを選ぶかは懐次第ですね。

そういえば、日本では発売されていないkoboブランド゙のアンドロイド端末のkobo arcはどうなってるんでしょうね。以前、楽天の三木谷社長も日本で今後、発売すると以前、発言してたんですけど、その話は立ち消えになっちゃったのかな。

参考記事kobo glo(コボグロ)とkobo mini(コボミニ)の日本発売が発表。楽天koboに新製品。kobo kobo arc(アーク)が気になる の記事


posted by MT at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会一般

2013年10月09日

サイゼリア、消費税が上がっても価格据え置き。この心意気、ますます通いそうですね

サイゼリアといえば、そこいらの本格的イタリアンレストランよりもよっぽどイタリアのイタリア料理らしいのに価格は安いというので、大人気のイタリアンレストランです。

そのサイゼリアが、来年4月に控える消費税8%後も今の価格を据え置くことを発表しました。299円のミラノ風ドリアをはじめ、399円や499円のメニューはできるだけ今の価格にするそうで、一部の商品には増税分を上乗せするとのこと。

消費税分に関してはコスト削減で対処するそうで、庶民にとってはありがたい話ですね。サイゼリアはランチに、休日のディナーにと、回数としてはけっこう頻繁に行くんですが、こういう庶民に優しい会社はますます応援したくなりますね。ますます、行く回数が増えそうです。

そういえば、先日、サイゼリアに行ったらちょっとメニューが変更されていました。その時はミラノ風ドリアと赤ワインのデカンタの250mlを注文したんですが、赤ワインのデカンタの量が以前より増えてた気がしたので、店員さんに聞いてみたら、メニュー変更とともにワインもちょっぴり増量されたとのこと。こういうにくいことやるサイゼリア。いいですよね。単純な考えだけど、ここの社長、いい人だと思うよ。

posted by MT at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。